アクセスランキング

« 2018/06 子供断絶問題 by ポンちゃんのお腹(Y) | メイン | ケアプランの内容や作成の流れ »

2018年6月17日 (日)

ケアマネジャーがしてくれる事

ケアマネジャーといえば、介護保険制度の要として、なくてはならない職種です。しかし、実際には介護についてどのように携わってくれるか分からない人も少なくはないと思います。今回はケアマネジャーの役割についてご解説します。

認定調査の申請をしてくれる
最初に関わりは、介護サービスを受けたいと思っている本人や家族への相談です。ここで、既に認定調査を受けていれば、具体的なサービスの利用に向けて本人達の意見を聞いてくれます。認定調査をうけていなければ、ケアマネジャーが代理申請として、自治体に申請をしてくれるのです。一般的には、申請に関して手続きが面倒ですが、代理で行なってくれることにより、家族の手間は省くことができます。そして、認定の結果がでるまでの流れも説明してくれます。

様々な情報を提供してくれる
実際にサービスを受けようとするときは、是非ケアマネジャーさんに相談してみてください。勿論、自分達で探してそのサービスを受けたい旨を伝えても構いません。しかし、ケアマネジャーさんはその地域のサービスの情報を沢山持っています。例えば、「ショートステイを利用したいけど、費用をなるべく抑えられる事業所を探したい」と相談すれば、いくつかあるショートステイの事業所から、なるべく要望に近いところを探してくれます。その事業所を前向きに検討するようになれば、ケアマネさんが仲介してくれて、見学に行けるように日時の調整もしてくれます。家族だけで行くのが不安なら、ケアマネさんに一緒に付いて来てもらうのもひとつの方法でしょう。

金額管理や『利用限度額』を超えないようにしてくれる
一ヶ月に利用できるサービスには「利用限度額」と言って、制限があります。負担金の一割(場合によって二割)以内に抑えられるようにします。もし、利用限度額を超えてサービスを受けるようになれば、全額負担の10割を負担する必要があります。そこで、利用限度額を超えないように調整してくれるのがケアマネジャーさんなのです。様々なサービスを複雑に利用したとしても、専用のコンピューターシステムによって把握してくれているので、安心です。勿論、利用限度額を超えてでも利用したいのであれば、その都度相談に乗ってくれます。

サービス事業所と利用者を結びつけてくれる
ショートステイやデイサービス、訪問介護等のサービスを受けるように決まったらそれぞれの事業所と契約をしないといけません。その際もケアマネジャーさんは同席してくれて、契約が円滑に進むように助言等をしてもらえます。また、利用にあたり事前の情報の提供もそれぞれの事業所に行なってくれるので安心です。

サービス事業所へ言いにくいことを代弁してくれる
サービスを受けていくうちに、納得できないことや、不安に思うこと、疑問に思うこと等が出てくる場合があります。その様なとき、直接それぞれの事業所にお話をするのは抵抗を感じるものです。こんな時もケアマネジャーさんに相談してみましょう。上手に事業所さんに伝えてもらい、その後の関係も円滑になるように工夫してくれます。ワンクッションおくことにより、事がスムーズに進むこともあります。

--

介護保険でケアマネがしてくれる事を解説 by 真っ赤なトマト(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事ランキング http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/
記事ライター募集 http://cari.jp/wk/data/writer/
TEL090-8487-4851(鈴木)

コメント

コメントを投稿