アクセスランキング

« 人間の尊厳を守り、命を守り繋ぐ活動をしている団体、機関 | メイン | ゼロからの起業、独立開業、副業 »

2018年7月29日 (日)

脳科学の世界

脳は、幼少期の5歳位までに急速に発達し
25歳位までに前頭葉の発達が完成されるそうです

しかしいくつになっても、知的好奇心が刺激されれば
脳が活性化するとの事です

思考、感情、行動、と脳の
不思議な関係性をご紹介します


□◇■◆□◇■◆□◇


☆前頭葉

思考や感情、想像力を司る、前頭前野を持つ脳領域
前頭前野が未発達だと感情を理性的にコントロールできず
短絡的で自己中心的な暴力的言動になってしまうようです

いかにも、裁判で良く聞くフレーズです
犯罪抑制力に関わると言う事なのでしょうか
特に凶悪な犯罪者の中には未発達の者が多いとの事です

人格に関わる最も重要な領域で
大脳に占める割合の30%が前頭葉です
ちなみに脳の重さは成人で1200~1500グラムです


☆右脳と左脳

右脳は感情的思考
左脳は論理的思考

1935年にポルトガルの神経科医 Egas Moniz
(エガス・モニス)によって
発明されたロボトミー手術
1950年代には何万人もの人がこの手術をうけました

ロボトミー手術とは、右脳と左脳を繋ぐ脳梁(神経線維)を
切断する手術で、手術方法は、頭蓋骨に穴を開ける
又は、鼻から長いメスを入れる方法などがありました

その手術をする事によって、暴力性などが治まるとされていましたが
ロボトミー手術は後に廃止され“悪魔の手術“と呼ばれる事となりました

映画、カッコーの巣の上で(原題: One Flew Over the Cuckoo's
Nest 1975年)
では、精神科病棟の患者がロボトミー手術をされていました
ホラー映画ではないですが、とても怖かったと言う印象が残りました







☆心が折れない脳の育て方

日本では自殺者の中で半数の方がうつ状態だったと言います

又、100万人近い方がうつ症状を自覚しているそうですが
根本的な解決策が無いのが現状です

前頭葉には
神経伝達物質や脳内ホルモン
脳内物質(セロトニン、エンドルフィン、ドーパミン)が
広く分布されていて、幸福を感じる事ができます

それには、いつまでも好奇心や探究心を持ち続け
自発性を大切にする事が脳の活性化に繋がるそうです


□◇■◆□◇■◆□◇


よく、脳は未知の領域と言いますが
記憶のメカニズムを深く解明する事によって
認知症の治療に繋がるのではないかと考えてしまいます

一方、人工知能(AI)の発達も目覚しいものがあります

--

副題:人格に関わる脳の領域
説明:脳の司令塔、前頭葉のミステリー
written by tenten616(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事ランキング http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/
記事ライター募集 http://cari.jp/wk/data/writer/
TEL090-8487-4851(鈴木)

コメント

コメントを投稿